発酵素材・材料の開発

Nattoesse

bacillus_natto納豆の原料である大豆は、カルシウムやビタミン等を含む総合栄養素豊富な食物です。
更に、発酵過程で体内に溜まりすぎた脂肪をスムーズに燃やしてくれるビタミンB2が増加します。
たんぱく質分解酵素だけでなく、サポニンやγ-アミノ酪酸(GABA)のほか、色々な酵素が含まれています。
水溶性ペプチドは、血糖値を下げることで知られていますが、それだけでなく、下がり過ぎないようにホルモンのバランスを整える効果もあります。
そんな納豆の有効成分(エッセンス-esse)を凝集したものがNattoesseです。

 

納豆と Nattoesse、Nattokinase の違い

納豆とは

納豆の原料である大豆は、カルシウムやビタミン等を含む総合栄養素が豊富な食物です。
たんぱく質分解酵素の他、GABA やサポニン、イソフラボンや抗酸化物質など多くの有効成分が含まれています。さらに、発酵過程では体内に溜まり過ぎた脂肪をスムーズに燃やしてくれるビタミン B2 が増加します。
納豆由来の酵素は、日本人の長い食生活における歴史の中で、安全性、有用性が確認された貴重な酵素で、補助食品として最適です。

Nattoesse2

Nattokinase とは

 納豆菌を液体培養し、Fiblin溶解性タンパク質分解酵素、ナットウキナーゼ画分を集めたものです。

 Nattoesse3

Nattoesse とは

納豆菌を液体培養し生成されたFiblin溶解性タンパク質溶解酵素の他、アルカリ性プロテアーゼ、中性プロテアーゼ、酸性プロテアーゼ、アミラーゼ、GABA、サポニン、イソフラボンを含みます。
サポニンは、抗酸化作用の他、脂肪やコレステロールを下げる働きがあります。
GABA には、脳に酸素を供給したり、血圧の調整や血糖コントロール作用があります。
イソフラボンは抗酸化作用のあるポリフェノールの一種です。
Nattoesse は、ビタミン K を産出する納豆菌を除去してあります。

Nattoesse4

 

Kojiesse

koji-kin-300x225麹菌培養エキス末:黒大豆、はと麦、麹小麦、脱脂大豆、脱脂ごまを原料とし、高力価の酵素活性をもつ麹菌を培養し、乾燥粉末化したものです。

 

 Nattoesse5

kojiesse2

1. Kojiesse (麹菌培養エキス末) とは

酵素は米国ではすでに予防のための医学として広く勧めており、一般の人の知識の中にも 酵素が次世代のサプリメントとして定着しつつあります。
しかし、無菌的に培養することは 難しく「○○酵素」として販売されているもののほとんどは製造過程上、加熱滅菌されてい るために酵素活性がありません。
当社では、 無菌的に培養を行い 低温で乾燥することにより Kojiesse の酵素活性を残した まま顆粒化することが出来ました。

kojiesse3

【使用例】
1. 麹ふりかけに、熱に弱い乳酸菌、酪酸菌との組み合わせが可能です 
2. 麹ふりかけに、熱安定性に弱いビタミン、ミネラル、アミノ酸を添加することが出来 ます 
3. その他、加工しにくい成分との組み合わせについてはご相談に応じます

Lactoesse

植物乳酸菌を含有する食品原料です。
原料規格書